PROJECT

Art Project #3:華雪 Workshop

2019.01.21

「木」を書いて「森」をつくる

by 華雪(かせつ)

心も体も使って書を自由に楽しもう。テーマは「木」。大きな木。小さな木。風にそよぐ木。子どもたちそれぞれが感じることと表すことを大切に、漢字の成り立ちや由来に触れながら、作品をつくっていきます。漢字が絵から生まれたという驚き。講師の華雪(かせつ)さんは子どものころに象形文字に出会い、漢字を書き続けてきたそうです。そんな華雪さんの創作の原点や面白さにも触れてみましょう。

http://village-tennoz.com/

【 日時 】
2019年1月26日(土)
① 11:30 – 12:30 ② 15:00 – 16:00
2019年1月27日(日)
① 11:30 – 12:30 ② 15:00 – 16:00
当日の予約は11時より会場にて受付けます。

対象年齢:なし
持ち物・服装:汚れてもいい服装

華雪(かせつ)

書家。1975年、京都府生まれ。92年より個展を中心に活動。〈文字を使った表現の可能性を探る〉ことを主題に、国内外でワークショップを開催。著書に『書の棲処』(赤々舎)、『石の遊び』(平凡社)など。

http://www.kasetsu.info

※本プログラムは、MONTBLANC&TERRADA財団の支援により行っています。
MONTBLANC&TERRADA財団は遍く人々にアートを体験していただくことで、豊かな感性を育み、文化的な生活の向上の一助となるような機会を創出していきます。